タグ別アーカイブ: 新幹線

みんなとお別れ

新幹線の改札でさようなら
都合で1日滞在を延ばした、長かっただいず実家への帰省も終わりです。あずきくんは終始「マリオ」三昧でしたが、みな根気づよくつきあってくれて大変助かりました。感謝感謝です。

名鉄3200系 名古屋駅に入るのぞみ333号(下り
じぃじに最寄り駅まで送ってもらい、ばぁばには名古屋駅までついてきてもらいました。あずきくんの食が止まらなかった「芋けんぴ」も買ってくれ、至れり尽くせりです。

京都から地下鉄に乗り、駅ではあんこさんが迎えにきてくれていたので、あずきくんとあんこさんはハグしてました。母親不在であずきくんもよくがんばりました。(そしてだいずも…)

あずきくんはコスプレが苦手

帰省滞在2日目はヘンリーさんユミさんがずっと相手してくれた事もあり、ほとんど家にいて過ごしました。もちろん追いかけっこをしたりと体も動かしましたし、昨日に続いて服を着たままプールにザブンもしたのですが、やはり多くは「マリオ」に没頭(そしてシャドープレイヤーの疲労を招く)。お相手をしてくれたお二人には悪い事をしました。

じょうききかんしゃよりこっちがすき?
で、ばぁばと行ってまいりました、「リニア・鉄道館」に。名古屋に帰省する以上、いずれは行かなくてはと思いながら彼の齢とお盆という季節条件を考慮してずっと先延ばしにしておりましたが、放置すると延々家の中で「マリオ」三昧になりかねないので、ついに思いあまって腰を上げました。
名古屋駅からあおなみ線に乗り換えて金城埠頭へ。雨も降っていたしお盆だけにあおなみ線の車内と同じく案外空いているかもという淡い期待は飛んでいき、子供連れの親子(+祖父母)ばかり。あずきくんは敢えて外しましたがユニクロのプラレールTシャツを着た子の多かった事。見事に鉄ちゃん予備軍の聖地となっていました。

コスプレは苦手
子連れの鉄板として新幹線の運転席で記念撮影、も当然のように試みました。0系で30分待ち、100系ではもう少し長かったようです。上の写真、どっちかお分かりになるでしょうか?分かる人には簡単ですね。あずきくん、この写真ではへんなはにかみ笑いをしていますが他のカットでは終始むすっとしています。帽子も被っていません。
あずきくんは「コスプレ」が大の苦手。彼にしてみればけっこう恥ずかしいようです。今回もブレザーを着せるまでに一悶着。なんとか着せて運転台に座らせてもこの態度。親からしてみればまったく可愛げのない子供です。それでも、即プリントアウトされた写真(1000円!ばぁばありがとうございました)を渡してもらうと、休憩所でまんざらでもない様子で眺めていました。帰宅後にはさよちゃんやじぃじにも見せていました。誰かに似てあまのじゃくです。
博物館の目玉としてはジオラマやシミュレータがありますが、ジオラマはすごい行列のため「ちょっと見コース(後ろの壁沿いに歩くコース)」で入りましたが人垣に遮られ全く窺えず。シミュレータはあずきくんにはまだ難しかろうと抽選番号も確認しませんでした。また様々な展示物もありましたがほとんどパス。一個人としてもの足りなさを感じただいずでした。

どでかプリン
おふろから上がっても「うんどうかい」は続きます。せっかく汗を流したと思ってもまた汗だく。元気なのはいいんですけど…。
さよちゃんが作った「どでかプリン」を持たせてもらいました。そのあとおいしくいただきました。

金環日蝕 May.2012

今回はあずきくんの記録、からは脱線してしまいます。本来は自身のBlogに投稿すべきところ、もうしわけありません。あずきくんの写真もございません。あらかじめご容赦ください。

2012年5月21日の朝、日本各地で金環日食が観測できました。
リンク:国立天文台 金環日食特集ページ
事前に日食レンズフィルターも買い求め、日食サングラスは2年前の皆既日食で使用しなかったものをひっぱりだし、万全の態勢をとりました。ところがしばらく油断していると、ある日自分の住む「京都でも北大路以北」のエリアでは「金環」にならない(部分日食止まり)可能性があるという事実に気がつきました。
週間天気からにらめっこしていても、21日朝は微妙な天気予報。果たして当日は晴れるのか、どこなら観測できるのか、といったことに逡巡しつつ、旅行前でお金がない、当日昼から出勤、などの条件も勘案し、最後は気象予報士の資格を持つプロ(弟)にメールでご宣託を立て(つまりは他人頼み)、前日夜に実家である愛知に帰省することに決めました。
すると、何を思ったかあんこさんが「あずきくんも連れて行ったら?」との爆弾発言。それを横で聞いていたあずきくんもとうぜん「行きたいいきたい!」となります。とんだ“ハンデ”を持たされてしまいました。

いざ、愛知へ
新幹線をたのしみにしていたあずきくんも、車窓からは何も見えず、すぐに退屈さんになってしまいました。名鉄に乗り換えてもいっしょで、いつもは既に寝ている時間とくれば…、途中の乗換駅直前でこくんとなってしまい、それからは重たいカメラ機材を背負いつつ、あずきくんをだっこして10分近く電車に揺られるハメに。時間にすれば僅かでしたが大粒の汗とともに疲労がどっと出てきてしまいました。最寄り駅まで迎えに来てくれた親父とお袋には感謝です。あずきくんはそのままふとんに入り、わたしも程なく眠ることにしました。

という前置きはともかく。
当日朝、みごとな晴れっぷり。おみごとヘンリーさん(弟)!あずきくんは寝ています。起きたら撮影場所まで来るなり、日食サングラスで庭から見せてあげて、と言い残して近所の見晴らしの良い場所まで出かけました。

既に欠けはじめてます 6:35 日蝕 7:00過ぎ
セッティングが終わる頃にはすでに太陽は欠け始めています。
左が6:35ごろ、右は7:06ごろに撮影したものです。太陽表面の黒点も捉えています。

ちなみに機材は、
カメラ:OLYMPUS E-M5+リモコン
三脚:Velbon ULTRA LUXi L
レンズ:Panasonic LEICA D Vario Elmar 14-150 f/3.5-5.6 ASPH.
とここまではいつもの機材(というより他にない)に加え、
フィルター:MARUMI DHG ND-100000 77mm+ステップアップリング
という感じ。

カメラのセッティングは、
モード:マニュアル
AF方式:MF
ISO:200
ホワイトバランス:晴天
測光:スポット
デジタルテレコン:ON
絞り:開放(テレ端 f/5.6)
で、あとは刻々と変化する状況に応じてシャッタースピードなどを調整しました。
リアルタイムにTwitterやFacebookにも投稿したかったので、SDカードをEye-FiにしてiPhoneと連携させつつ、Instagramから投稿という手段を用いています。


ところが、あれだけ晴れていた空も、7:15くらいから俄に雲が出始め、金環開始の7:29ちょっと前からみごとに雲の中にお隠れあそばす事態に。一番おいしいところを雲にもってかれたー!とTwitterなどで叫んでおりました。シャッタースピードを遅くしたりと苦労させられましたが、現像してみたら逆におもしろい効果が得られたのかも。

金環日蝕
7:31ごろの金環日蝕の模様。現像に際し、露光プラス補正したりホワイトバランスをいじったり、トリミングもしたりといろいろ変えています。おかげで雲のおもしろい模様が浮かび上がりました。

金環日蝕
金環の終わり、7:33ごろです。金環のはじめから終わりまで結局ずっと雲の中。


7:40くらいになる頃には、気がつけば雲は跡形もなく。ただの邪魔しいというとんでもない雲野郎でした。


などというエピソードもありつつ。ケンさんのことは正直あまり存じ上げませんが、先日実家の近所の人たちがこぞって京都に観光に来た際、呼び出し食らって御所にてお袋らと合流したところで写真を撮ってくださった方。暫く喋っていてもそのことにお互い気づかず、「あれ、京都に行った時の…?」と時間が経って気がつくしまつ。日食サングラスを持って観測していました。

家に戻ると、あずきくんは起きていましたが、Facebookへの投稿から引用すると、

でした。コメントでも「息子長じてより『オレ、ガキの頃金環日蝕見たことあるんだよね』と言ったら一発殴ってこのお話を聞かせます。」と宣言しました。みなさんもしっかり憶えておきましょう。

ともかく、わたくしは「金環日蝕の撮影」という目的を果たし、おふくろらは「あずきくんに会えた」と喜んでくれ、あずきくんは「つかれたけどマリオカートで遊んで新幹線に乗ることができた」とそれぞれ得るものがあったと言うことで、結果良しといたしましょうか。みなさま、お騒がせをいたしました。

フォレオ大津一里山

台風12号「タラス」が中国地方を横断中です。風はさほど強そうではありませんが、雨は断続的に降っています。今朝(3日)の時点ではむしろ時折強い風雨になるものの、台風が来ているという感じには遠いのが実際でした。そうはいってもあずきくんと二人で家の中でゴロゴロしているわけにも行きません。ドライブがてら滋賀県は大津のとあるショッピングモールに出かけてきました。

「フォレオ大津一里山」http://www.foleo.jp/otsu/
規模はそこそこ大きいものの取りたてて何があるというわけでもありません。そんな店舗にわざわざ台風のなか京都から遠征したのは、2階に設えられたとあるデッキが目的でした。
その名も「新幹線展望テラス」です。
700系新幹線@フォレオ
店舗敷地のすぐ脇を新幹線が駆けぬけます。防音フェンスなどで遮られたりもしてません。
ただそれだけのことですが、ちょっとでも気晴らしになれば…。
小休止
お昼の時間でもあったので小休止。あずきくんはごはんも食べず、ソフトクリームをぺろりです。
新幹線の音に耳ふさぐ
そんなに走行音がうるさいわけではありませんが、この写真を撮ったときになぜかあずきくんは耳をふさいでいます。

京都の自宅からおよそ40分ほどの距離、渋滞もなくスムースに行くことができましたが、あずきくん的には「おもちゃ売り場」がないのがマイナスポイントのようです。こども達が(有料で)遊ぶスペースがあったり、ちょっとした絵本コーナーがあったりするんですが、なにせ他の子がいっぱいいるところが苦手なもので…。

新たなお気に入り場所

東海道新幹線700系
土曜日はだいずとあずきくんの親子鷹。前回の休日と異なりあずきくんの体調もまずまずだったので外出することにしました。とはいっても電車関係ではあらかた巡っているので最近はいつも思案に困ります。今回は「見る」方をメインにすることに。前から気になっていたウォッチングスポットを訪れることにしました。

103系
バス・地下鉄と乗り継いで京都駅からはJR奈良線に乗車、といっても奈良までは行かずたった一駅、東福寺まで。駅を降りたら北にひたすら歩きます。

View Larger Map
新幹線と在来線を一度に跨ぐ陸橋が架かっており、そこからなら上からいろいろな電車を一望することができるのです。“撮りテツ”にはけっこう有名なポイントですが、だいずも今回が初めてでした。

東海道新幹線300系
次から次へとやってくる新幹線や電車たち。新幹線は山科からトンネルを抜けて京都駅に到着する直前の様子も見られます。

qnub.com*20110806_132944.jpg
炎天下にも拘わらずあずきくん大興奮!ママのマネでしょうか、おもちゃのケータイを撮りだして自ら「カシャッ!」と写真を撮るマネまで。熱射病を危惧して早めの退散を促そうと「いやっ!もっとしんかんせんみる!」の一点張り。宥め賺して帰るときにも「またこよーね」と気に入っていただけた様子。
けっこうな距離を暑いなかだっこして歩くことを強いられるので内心げっそりですが、あずきくんのためならエンヤコラ、と。