カテゴリー別アーカイブ: mit dem Fahrrad

自転車についてのカテゴリー

KHS F-20RC

2017/5/17 TripbikeさんKHS F-20RCを納車してもらいました。

Brunoミニベロに満足していたものの、輪行の便を考えるとどうしても二の足を踏んでしまい「折りたたみなら楽なのになぁ」と気が狂れた次第。

F-20RCの公式ページ魚拓。

形からしてハンドルコラムやシートポストが上にニョキッと突き出し、ヘッドチューブがなくダウンチューブ一本で前後をつないでいるなど、振動に弱そうな印象も受けましたが、もともとクロモリで、シートステーにつながるソフトテール機構やカーボンフォークなどの効果か気になるほどではなくスーッと滑ってくれます。
サイズが日本向けなのか、僕にはサドルポストを目一杯あげてもまだちょっと低い感じがします。またハンドル位置も近く感じるため、このあたりから手を入れてみようとしました。

ハンドルステム:TIOGA AL NINE 突き出し長100mm アングル55度
シートポスト:パワーツールズ シートポスト ブラック 27.2mm径 500mm長
ペダル:ミカシマ FD-7 ペダル ブラック

ほんとはドロップハンドルにしたいところですが、輪行時にハンドルを収めようとするとおそらく干渉してしまいます。ここは已む無く断念せざるを得ないかな。あとはタイヤ・ホイールを交換して足元を引き締め転がりを良くしたいところです。

出勤前に御所のなか

京都御苑
今朝は11時からの出社ということで中途半端だったこともあり、予想外に早く着きそうになりました。途中で寄り道し、蛤御門から御苑の中へ突入。お供はE-P1+M.ZD17mmです。

京都御苑
下はひたすら砂利道です。小径とはいえBrunoの高圧細タイヤで走ると天然ドリフトできるだけならまだしも、パンクのリスクが非常に高くヒヤヒヤもんです。

御所の細道
御所内には有名な「御所の細道 by赤瀬川原平」があり、チャリにはありがたいかぎりです。
すれ違い時には“どっちが譲るか、道を逸れるか”でギリギリの駆け引きになりますが。

てことで、しばし時間をつぶして無事パンクもなく出社しました。

本能寺址
その前に何故か「本能寺址」を見に行ってますが。

峠あそび with 03

持越峠〜京見峠20090827 with03 at EveryTrail

Map created by EveryTrail: GPS Trip Sharing with Google Maps
03 slow cafeのテンチョと雲ヶ畑から峠越えをしてきました。
貴船に行ったことがあるというテンチョも雲ヶ畑以北は初めてとのこと。ゆっくりしたペースで無理せず向かいました。
雲ヶ畑の出会い橋で
出会い橋で、BrunoとVIGOREの2ショット。
PEN + M.ZD17mm f2.8パンケーキ

持越峠から雲ヶ畑を望む
峠攻めは当然初めてのテンチョ、登坂もなかなか大変そうでした。徐々に慣れていけばいつか征服できますよ!
PEN + M.ZD17mm f2.8パンケーキ

道風神社の階段
道中はのんびりとしたもの。下りこそそれなりにスピードを出しますが、ところどころ下車して写真を撮ったりと楽しみました。
裏京見手前の「道風神社」に寄っていろいろ撮った中の一枚。
PEN + ZD40-150mm f3.5-4.5

qn20090827114736r
テンチョ。「下りが楽しい」と満喫してくれてます。しかしこの寝間着みたいな格好はなんでしょうか。ちなみに今日はいつものD700ではなくD40に30mmレンズを持参してました。

光悦寺
鷹峯まで下りきったところで光悦寺、源光庵も見学。近くに住みながらもテンチョはここも初めて。
PEN + ZD40-150mm f3.5-4.5

狛犬灯籠鐘
PEN + ZD40-150mm f3.5-4.5
迷いの窓と悟りの窓
迷いの窓と悟りの窓
源光庵。のんびり拝観させていただき癒されました。
PEN + M.ZD17mm f2.8

「またいきたい」とテンチョには言ってもらえました。うれしいですね。
次のお昼は「山の上のハンバーグ小屋」でしょうか。ただ、なかなか休みが合いそうにありません。そうこうしているうちにもう秋の気配も…。