物件の比較検討

今回ははじめから306をねらっていました。

309はもはや「過去」になりつつあるし、206はまだ高嶺の花。ネットなどで306の中古車を検索していると、それこそピンからキリまで、まだ100万円台なんてのも。根強い人気の証拠でしょうか。その中のひとつ、京都は八幡市にある「車座」で「オッ」と思うのが。
97年式の前期型(N3SI)で46000キロ。ネットで問い合わせをしたりで先週土曜、17日に車座まで見に行ってきました…、はい、即決しました。

試乗など、じっくりと吟味こそできませんでしたが、値段も本体で50万をきり、にもかかわらず状態良好。なにより「車座」さん、プジョーの扱いが多い。まわりにも205から106、306、206などが何台も。代表の竹中さんはじめブルーライオン出身のクルーの方が何人もいらっしゃるとか。必要な箇所を整備後に納車してくれるというし、安心感は抜群でした。「こんなところを見れば修復したかどうかわかりますよ」なんてことも教えてくれたり…。
いつもなら大物買いの後はきまって後悔や脱力感におそわれたりするところが、今回は高揚感あるのみ。あえていえば、ずっとMTで探していたので、ATなのが残念。でもそれは自分一人が乗るわけでもないので、良しとしましょう。

車座インディーズファクトリー

事態急転

大学、大学院を出てはや5年近く、ほそぼそ乍らもお給金をいただく暮らしを営んでおります。

ついこの間まではさほど車所持という必要性を感じずに生活しておりました。運転についてはたまに会社の営業車を駆っておりましたし、こと関西圏であればほぼ電車などで事足りていたのですが。

7月に入って急転直下、なにがどうなったのか「車を買おうか」という話になり、車の選定などこちらで一方的に進める形でトントン拍子にいき、結果はれて中古プジョー306の購入となりました。しかもこんなにもスピード購入するとは本人ですら予想できず。物欲の力恐るべし。

妄想の変遷 2

往事、主力は306や106、405となっていました。

中古市場では205、309が動いておりました。
すでに閉鎖されました或るページで「309GTI」の魅力や苦闘の記録をつづったページがあり、購買意欲をかきたてられたものです。しかし結局もともと金を持ち合わせず、物欲だけが甚だしい性分では「貯める」という芸当ができず、在学中は夢叶えることできませんでした。
今ではめっきり中古市場でも309を見かけなくなり、さびしいです

妄想の変遷 1

まず、そもそも猫好きである。

実家で飼っているだけだがともかく目がない。下地がこんななので、大学生の時に「車ほしいな」と思っていきついた先はプジョーでした。

ご存じの方は多いと思いますが、伝統的にプジョー車の乗り心地は「猫足」と呼ばれています。
シートの柔らかさとしなやかな足回りが相まって醸し出すようで、みなさんそうおっしゃいます。プラスしてあのエンブレム。「ライオン」なんですが、ひたすら猫の爪研ぎにしか見えない…。
そのときから延々、妄想にとりつかれて延々約10年、買えもしないのに追い続けてました。

京都の北辺、柊野から徒然と