「病気」タグアーカイブ

連休疲れでしょうか

連休疲れでしょうか?ここ数日5月とは思えないような気温の低い日が続いたこともあり、土曜日にあずきくんが39度近い熱を出しました。この日は、あんこは夜の用事があったので、オーマに来てもらいました。オーマによると、熱は高いものの、機嫌はよいとのこと。次の日もやはり38度の熱がありました。けど、ぐったりした様子はなく、いたって元気。そして次の日になると、37度。その次の日になると36度になりました。お医者さんに行かずに、あずきくん、自力で治しました。えらい!

なにかのウイルスということで

水曜日は保育園の遠足。あずきくんたちは、植物園に菩提樹を探しにいたそうです。「★なくんのスプーンがなかった」とか「シートが風で飛ばされた」とか、珍しくいろいろ話してくれました。
水曜日は風があって寒い一日でした。あずきくんは朝から妙に深い咳をしていたのですが、遠足だし、と登園させました。その日の夜に熱を計ると38度。深夜には39度近い熱が出て、寝られないようでした。
次の日、かかりつけの小児科が午前休診だったので、準かかりつけの小児科へ。単なる風邪でしょうと言われ、抗生物質をもらって帰ってきました。その抗生物質を飲んでいてもまったく熱が治まる気配はなく、毎晩夜は寝苦しいようで、日中も38度をキープしたまま木曜・金曜が過ぎました。土曜日、まだ熱は下がらないし、やっぱり風邪ではないのではとかかりつけの小児科へ行きました。インフルエンザ検査、血液検査とも異常なし。ん?やっぱり風邪なの??と思ったりしましたが、先生曰く、抗生物質を飲んでも効いていないから、なにか特定はできないがウイルス性のものだと思う、ということでした。
日曜日、薬が変わったせいなのか、あずきくんはすっかり元気になりました。たまに咳もしますが、もう大丈夫なようです。一安心です。
それにしても、以前にも準かかりつけに行って、やっぱりかかりつけにも行くということがあったような気がします。やはりなにがあってもかかりつけ!とした方がいいのかもしれません。

水疱瘡のようです

金曜日の朝、右眉毛のところにかさぶたが。前からお顔の肌トラブルが絶えないあずきくん。あーあ、眉毛にもぶつぶつが・・・と思っていたら、次の日の朝には体のいろんなところに、ぽつ、ぽつとデキモノが。これは・・・水疱瘡? 保育園で流行っていることもあり、連休前だし、急いで小児科に行きました。
小児科では、「うーん、おそらくそうでしょう」ということで、飲み薬5日分と塗り薬をもらって帰ってきました。あずきくんは予防接種をしているので、軽くすむだろうということでした。
当のあずきくんは、「保育園いかない?」とうれしそうです。。。
水疱瘡のあとが痛々しい

家庭訪問

発達相談所から児童福祉司さんが家庭訪問に来られました。家庭訪問・・・というから、ドキドキしていたのですが、児童福祉司さんがあずきくんに何かやらせてみたり、といったことはほとんどなく、大半が私への質問でした。あずきくんは、お客さんがとても気になるみたいで、ちらちらこちらを伺いながらも、割と大人しくDVDを見ていました。おかげで面談は順調で、1時間ほど話した後、最後に児童福祉司さんから言われたことは、あずきくんのような症状の子(ちょっとしたことで、パニックになる)は、見通しを立てる能力や想像力が乏しい、ということでした。
私としては、早く検査なりをしてもらって、治療してもらいたいところなのですが、なんでも発達相談所の発達検査はとても混みあっているらしく、今予約しても10月(2ヶ月待ち)になるそうです。子どもが病気かもしれないのに2ヶ月も放置というのは、心配で気が滅入ります。

急な発熱

水曜日、久しぶりに保育園から呼び出し電話がかかってきました。なんでも、あずきくんの熱がぐんぐん上がっているのだとか。迎えにいくと、あずきくんが赤い顔して立っていました。おやつも食べなかったそうです。家に帰って熱を計ると39度4分ありました。かかりつけの小児科は、発熱後10時間経っていないと判断しかねる、というようなことを言うので、結局この日は小児科に行きませんでした。
けど、その後もずーっと39度台で、かつ、あずきくんもぐったりしているので、かなり心配になってきました。木曜日の朝、起きるなり「痛い痛い」と体が痛いというようなことをいうので、本当にあせりました。運の悪いことに、かかりつけは木曜日の朝は休診で行けません。困ったなぁと思っていたそのとき、新型インフルエンザの時にだけかかった小児科があったことを思い出し、診察券を見ると、ちょうど木曜朝もやっているではないですか。早速連れて行きました。
いつも大繁盛のかかりつけとは違い、待ち時間なしで通してもらえるのは大変ありがたかったです。。。(ちょっと不安でもありますが)
さて、診察では、耳やらのどやらを見たあと、インフルエンザの検査が行われました。これは陰性でした。診断では、きっとウイルス性のものだと思うけど、子どもなら風邪でも39度ぐらいの熱は出るし、抗生物質出しておきますね、ということでした。
その後、あずきくんはお薬を飲んでバタンキュー。起きたときも39度ありましたが、そこからどんどん元気になってきて、だいずさんが帰って来る頃には、もりもり(だいずさんの)ご飯を食べるようになっていました。やはり、お薬ってすごい。