祝 のすべての投稿

「通せるクージー」はレンズケースとして使えるか

バッグ内で干渉し合うレンズ保護をどうしたもんかと悩み、一つずつケースに入れたいなと探していたら、素敵な商品を見つけました。

Objectiboo! 通せるクージー350

350ml缶やタンブラーを入れることでネオプレン素材による保温効果をもたらし、さらに穴を開けることで手で持ちやすくしたりベルトなどに通すこともできるというアイデア商品が、この「通せるクージー」。実はオフィシャルサイトでもレンズケースとしての活用を紹介しており、Googleの画像検索からそのページに辿りついたことで、そこまで冒険せずとも安心して購入することができました。そのサイトで使われたのがPanasonicのLUMIX用レンズ、マイクロフォーサーズ規格のものなので、まさに自分の用途にも合致していました。

けっこう肉厚なネオプレン。実測27gでした。

Planar 50mm F1.4 AEJ を入れてみた

オールドレンズとしてアダプターをかませて楽しんでいるCONTAXのツァイスレンズ、Planar 50mm(フィルター径55mm)でさっそく試してみました。“ちょうど”すっぽりと収まる感じ、ジャストサイズです。丈はアダプターといっしょでも「通せるクージー」の方がまだ長いので少し隠れてしまいますが、出しにくいわけではありません。いきなりPlanar用ケースとして認定です。

ほかにもいろいろ入れてみた

Planarに気をよくしたので、手が伸びる範囲に転がっていたレンズなどを放り込んでみました。
オリンパスの「プレミアム」単焦点レンズである12mm F2.0や25mm F1.8(写真なし)はフィルター径46mmなので、問題なくすっぽり(もちろん小さくて短いレンズなので丈は余りました)。
続いてPROレンズの12-40mm(62mm径)を突っ込んでみたところ、ギリギリ本体は入っていきましたが、同梱レンズキャップはさすがに収まらず。その状態だと底からも少し浮くので安定性に欠ける結果となりました。
同じく9-18mm(52mm径)もレンズは入るものの、やはり同梱のレンズフードが大きな四角型のため入りませんでした。
最後にSONYのコンデジ、RX100を試したところ、こちらもスッと収まってくれました。さすがに予備バッテリーなどと一緒に入れることは叶いませんが、ベルトに通したクージーにRX100を忍ばせておき、さっと撮り出してシャッターチャンスを逃さない、という使い方に適していますね。

備忘■AndroidでG Suiteアカウントがうまく使えなかった件

りんご一筋な僕が訳あってこの度Androidにも手を出したところ、G Suiteアカウントでごたごたがあった、というお話。

サードパーティのアプリからGoogleアカウントを使ってログインする際、G Suiteのものを指定したら「Checking Info…」という画面がループしてしまう症状が出たのが発端。
おかしいなと思い設定のGoogleアカウントをチェックしてみるといくつかの項目で同期ができない、とのエラーが表示されていました。

結局Androidの中では解決せず、MacからG Suiteのアドミン画面に飛び、「デバイス管理>モバイル:セットアップ」と進み、「モバイルでの同期」項目からチェックの入っていなかった「Android Sync」を有効にしたところ、それまでのカオスが嘘のように消えちゃんとログインできるようになりました。
(あーでもないこーでもないと他にも有効無効にした設定などもあり、もしかしたらそれらの複合によって解決したのかもしれませんが)

理想の自転車用フロントバッグを求めて(リクセン化への挑戦)2

前回の投稿に続けて2つめのバッグをレポートします。

TOneontoNE ボディバッグ 1680D

高さ30cm×横幅19cm×マチ幅9cm、300g
硬めのポリエステル生地を用いた、形のしっかりしたバッグです。派手さはありません。片紐のスリングタイプです。

背面は広く、上めにアタッチメントを取り付けることができました。プラスチックが飛び出していますが、かなり体に密着させない限りはゴツゴツして痛くなることはそうないでしょう。それでもすでにパッツンパッツンの様相。
中を見てみましょう。右側に見える補強の白いプラ板が晒されてしまい少しみっともない感じ。幅とマチは限られるものの高さで稼げているのでけっこう荷物を入れることができます。でもやっぱりキツキツです。
前面のポケットにもものが入ります。マチに余裕がないのでキツキツですが…。
実際に入ったのはこちら。ヘッドホンも余裕で入りました。
上部を伸ばせばまだまだこれだけ容量に余裕が。道中で荷物が増えても安心です。ポータブルバッグやウインドブレーカーですら余裕で入れられます。

自転車に取り付けました。カメラなど1kg以上の荷物が入っても大きく型崩れしてません。肩紐はぶらぶらしていると邪魔なので中に入れました。このバッグの数少ない不満の一つは、「紐が長すぎる」こと。もちろん自分でつまむなど調整すればいいのですが、標準のままではある程度体に密着させて安定をはかることができないのです。
前面から。タイヤからも3cm程度の余裕が稼げています。収まりも良さげです。ポリエステル地の部分は撥水性能が期待できそうですが、背面はどうでしょう?ちょっとだけ気をつけることにしましょう。

デザインもシンプルでサイズもジャスト。欲を言えばもうあと一回り大きければ(特にマチ)、と紐が短い状態にもできれば、となりますが、そうでなくても十分満足のいくリクセン化となりました。

今回のバッグ2点を購入した店: PATY(楽天市場)

リクセン化にあたって揃えたもの
BASIL(バジル) バスケット クリックフィックス アダプタープレート
購入時1080円
純正アダプターの販売がなくなってしまいましたが、こちらが互換しています。

光 塩ビ板 白 0.5×300×450mm EB435-5
購入時389円(あわせ買い対象)
カバンによってはもっと厚めがいいかも。サイズも必要な面積に応じて。

SUN UP ダイヤモンドヤスリ 3本組 チタンコーティング 140mm
購入時445円
プラ板が柔らかく目詰まりには悩みました。キリ状のヤスリで穴を開けて押し広げ、半円状のでボルトサイズに仕上げる(サイズぴったり)、板状で角のバリなどを取る、など重宝しました。

その他、プラ板をカットするためのカッター、カッティングマット、定規などもあれば困りません。

理想の自転車用フロントバッグを求めて(リクセン化への挑戦)1

自転車とカメラ、相性が悪いです。

自転車に乗る時、特に長距離走るときは少しでも荷を軽く、背をあけて涼しくして、といった欲求が出るし、カメラに性能を求めるほど重たくでかくなるもの。時にはiPhoneで済ませることもできますが、両趣味をあい成り立たせることができればそれに勝る幸せはそうそうありません。

ハンドルバーやヘッドチューブなどに取り付けるフロントバッグ、サドルの下につけるサドルバッグなどをボタン一つなどで着脱可能にする「リクセン&カウル」社のシステムを使うと、自転車の可搬能力を簡単に上げることができます。僕もリクセンカウルと互換性のあるシステムを採用するOrtriebのフロントバッグを持っていますが、自転車から離れる時には「いかにも」なデザインではなくフツーのバッグとして持ち歩きたいですよね。
巷では、そのシステムに愛用のバッグを適用させられるように改造する「リクセン化」というテクニックがネット上で多数紹介されています。専用のバッグについているのと同じアタッチメントを普通のバッグに取り付けることで「リクセン化」してしまおうというもの。
手持ちのトートバッグ(PeakDesign Everyday Tote)で当初考えましたが、F-20RCのようなブルホーンハンドルやドロップハンドルに幅が干渉してしまうため、新たなバッグでチャレンジすることにしました。 続きを読む 理想の自転車用フロントバッグを求めて(リクセン化への挑戦)1

KHS F-20RC

2017/5/17 TripbikeさんKHS F-20RCを納車してもらいました。

Brunoミニベロに満足していたものの、輪行の便を考えるとどうしても二の足を踏んでしまい「折りたたみなら楽なのになぁ」と気が狂れた次第。

F-20RCの公式ページ魚拓。

形からしてハンドルコラムやシートポストが上にニョキッと突き出し、ヘッドチューブがなくダウンチューブ一本で前後をつないでいるなど、振動に弱そうな印象も受けましたが、もともとクロモリで、シートステーにつながるソフトテール機構やカーボンフォークなどの効果か気になるほどではなくスーッと滑ってくれます。
サイズが日本向けなのか、僕にはサドルポストを目一杯あげてもまだちょっと低い感じがします。またハンドル位置も近く感じるため、このあたりから手を入れてみようとしました。

ハンドルステム:TIOGA AL NINE 突き出し長100mm アングル55度
シートポスト:パワーツールズ シートポスト ブラック 27.2mm径 500mm長
ペダル:ミカシマ FD-7 ペダル ブラック

ほんとはドロップハンドルにしたいところですが、輪行時にハンドルを収めようとするとおそらく干渉してしまいます。ここは已む無く断念せざるを得ないかな。あとはタイヤ・ホイールを交換して足元を引き締め転がりを良くしたいところです。