祝 のすべての投稿

202108 18きっぷ旅2日目

復路は山陰路を東へ

行きは山陽経由としたので、帰りは只管山陰ルートで京都まで戻ってみようと寝ながら決めた。途中城崎温泉あたりで時間を潰してもいいかなとも考えていた。
ところで乗り鉄旅の醍醐味として、列車に乗り込むだけでなく駅構内にある立ち食いそばなどの店で舌鼓を打つことも忘れてはならない(独断と偏見)。ところがなんとも世間知らずなことに、そういった店が次々と閉店しているようだ。お昼ぐらいに豊岡あたりに着くならばそこでなどと妄想しつつ検索すると、数年前になくなってしまった模様。姫路駅などでは営業しているがどうも山陰側は全く存在しないようだ。ただ鳥取駅にはホームなどの改札内ではないもののエキナカに「砂丘そば」があったので朝ごはんに寄ってみた(椅子があり立ち食いではない)。
そうこうしつつ旅程を練り続ける。城崎温泉下車も良いが一度行ったことあるしなぁと迷いながら入場直前に手に取ったJR西の機関紙「西Navi(2021.9)」で紹介されていたのが“余部鉄橋「空の駅」”。以前からずっと気になっていた場所ながら迂闊にも今回の旅程ではなぜかスポッと考慮から外れていたので、まさに天啓。ということで計画を変更。

かつての鉄橋で「スタンド・バイ・ミー」?

まずはキハ121に乗り込み、浜坂からはキハ47で餘部駅で途中下車。

余部鉄橋「空の駅」”はかつて掛かっていた「余部鉄橋」の一部を残し見学できるようにしたもの。現在はかつての鉄橋の横にコンクリート製の橋梁を設けている形となる。地上とはエレベータで結び、付近に道の駅もあることからちょっとした見学・土産エリアとなっている。見学客も鉄道ではなく自動車で寄る数が多いようだ。
鉄橋自体は現在鉄道の用を足してはいないが、一部は現存しておりかつての壮大な姿を思い浮かべることができるようになっているだけでなく、実際に鉄橋の上を(安全に)歩くこともできる。

「鉄橋」部分も一部線路が残っているが、途中で切断されてしまっている。ちなみに金網越しに撮影したもので、もちろんこのまま歩いて端まで進めるわけではない。
「余部鉄橋」たる橋脚の一部は現在も残りそのまま見学できるようになっている。

1時間半ほど堪能しつつ時間を過ごし、後続の列車に乗り込んで豊岡まで向かう。

またしても蕎麦

皿そば750円。玉子と山芋つき。

豊岡でも乗り換えはすぐできたものだがあえて下車し、お昼ご飯を市内の蕎麦屋「そば福」さんでいただく。朝に続いて昼もそば。出石そばについては恥ずかしながら何の知識もなかった(今もない)が、皿そばなる形でいただいた。
そばを食べ終わった後に豊岡市内観光をしたいと思ったがこれといったスポットがない。平日昼間な上にコロナ禍故か人通りも車の量もまばら。どことなく寂しさを覚えてしまう。「カバンストリート」まで足を運ぶも、物欲に負けてはならぬとむしろ早々に退散してしまう。
15時過ぎに豊岡を発ち、福知山で乗り換え無事京都に到着。7月とは異なり今回は観光らしいことも少なくほぼ「乗り鉄」満喫の旅となったが余部鉄橋見学をすることもでき楽しい思い出ができた。

今回のお供はPEN-Fではなく携帯性を優先しRX-100にした。最近はズームを使うと途中で落ちてしまうため、専ら広角側の単焦点のように使用している。

所要時間 7時間56分(餘部滞在を除く)
運賃[IC優先] 4,180円→青春18きっぷ1日分2,410円
乗換 3回(餘部途中下車はカウントせず)
距離 230.3 km

■鳥取
↓ 09:30〜10:15
↓ JR山陰本線 浜坂行
■浜坂
↓ 10:28〜10:42
↓ JR山陰本線 城崎温泉行
■餘部
↓ 12:20〜13:17
↓ JR山陰本線 豊岡行
■豊岡(兵庫県)
↓ 15:01〜16:24
↓ JR山陰本線 福知山行
■福知山
↓ 16:55〜19:04
↓ JR山陰本線(JR嵯峨野線) 京都行
↓ 1番線発 → 33番線着
■京都

202108 18きっぷ旅初日

利用期限9/10が迫る中3日分を残す

前回のエントリーで青春18切符を2日分使用した旅を書き連ねたものの、その後特に使うこともなくかと言ってメルカリなどで売りに出すでもなく3日分を残したまま期限まであと2週程度を残す時期になってしまう。世の中はコロナ禍が治るどころかいよいよ猛威を振るうなかでどうにも腰が上がらなかったのも事実。ここで事態が好転?して別日休日予定を振り替えた結果、8月終わりに平日の連休がポッと出現したため、とにかくどこかに出かけよう、密にならないように行動できるところにしよう、さらにはまだ行ったことのないところにしようと思案した結果、いざ鳥取となった次第。

山陽まわり、智頭経由

当日、早起きするつもりが安眠を貪り出発時刻が予定よりも遅れてしまった。もはや鳥取に着いてからの観光にはあまり期待せず、現地到着を優先しようと気を取り直す。
京都から姫路までは新快速で。贅沢な話だが、毎度快適な移動で気持ちが高揚しない。本番は新快速圏外に移ってからだろう。
岡山や広島では115系が黄色いボディで元気に走っている。座席は昔ながらの直立ボックスシート。これですよこれ。かつての大垣夜行見たく長時間の着席となれば苦行にもなるところ、今回はあくまで乗り継ぎながらの移動のため全く苦にならず。
姫路から相生までの途中でトラックが踏切で立ち往生するトラブルがあり暫く停車。8分程度の遅れを伴い、相生での乗り継ぎが心配されたが、気を利かせてくれどうにかことなきを得ることができた。

当初は岡山から津山線・因美線経由でオールJR移動を目論んでいたが前述の通り出発が遅くなったため、乗り換え案内アプリに促されるまま「王道」ルートである智頭急行経由に計画を変更することにした。
智頭急行線は18きっぷの適用外となるため別料金が必要となるがここは背に腹替えられず。ちなみに上郡〜智頭は1320円(2021年夏現在)必要だが「智頭線1日フリーきっぷ」が1200円(もちろん正規)で購入できるため躊躇せずお得な方を選択しよう。上郡駅で物資(お昼ご飯やお菓子など)調達を予定していたが、駅内では求められず歩いて10分ほどのローソンまで繰り出す羽目になった。みなさんはちゃんと事前に準備しておこう。

平日昼間ということもあってか途中たまの乗降客がいながら智頭駅に到着し降車する際は自分一人しかおらず。密を避けるにも程があろう。ここから因美線に乗り換え。キハ47というディーゼルカーが運んでくれる。空調も完備しちゃんと快適ではあるが、見た目も座席も「ザ・ローカル線(僕にとっては)」。ウキウキしますね。因美線(智頭〜鳥取間)は生活路線の役割もあるため途中高校生がどかっと乗車することもあったがそれでも各ボックスには1組で収まる程度。なかなか密にならないなぁ。
自宅を10時過ぎに出発したのに17時前に到着することができたのはやはり智頭急行のおかげ。そりゃ路線検索で岡山経由を指定しても頑なに上郡に戻るよう促される訳ですな。岡山/津山を経由地として強引に検索すると鳥取着が19時を回ることに。2時間以上の差は大きい。それでも次回があるならば今度は津山線/因美線で攻めたいところ。

駆け足で砂丘まで

鳥取に来たら何を置いても砂丘でしょ(というか他がなかなか思いつかない)という短絡的な発想で鳥取砂丘行きのバスを検索。鳥取バスターミナルから30分ほどで運んでくれる。因美線の途中で結構強い雨に降られたが、どうやら同じ雨雲が砂丘を固めてくれたようで少し砂も湿っていた。
ぼんやり眺めていると砂山の稜線と海の向こうの地平線とが離合を繰り返すような不思議な感覚に襲われる(僕だけ?)。湿っているとはいえ登り降りの際にはそこそこ足をとられ、靴内に砂が入りつつ結構歩き回ったつもりでも、砂丘から出てみたら18時発のバスが待機していた。随分長居したつもりでもわずか30分ほどしか滞在しなかった事になる。これにて鳥取観光は終了。

47都道府県で最後のスタバ進出となった鳥取県。6年前にできたその第1号店である「シャミネ鳥取店」で“GO パイナップルフラペチーノ”を堪能。

所要時間 5時間29分
運賃[IC優先] 5,060円
→青春18きっぷ1日分2,410円+智頭急行「フリーきっぷ」1,200円
乗換 4回
距離 253.5 km

■京都
↓ 11:15〜12:47
↓ JR神戸線新快速 姫路行
■姫路
↓ 13:05〜13:24
↓ JR山陽本線 播州赤穂行
↓ 7番線発
■相生(兵庫県)
↓ 13:32〜13:44
↓ JR山陽本線 岡山行
■上郡
↓ 14:22〜15:49
↓ 智頭急行 智頭行
■智頭
↓ 15:54〜16:44
↓ JR因美線 鳥取行
■鳥取

202107 18きっぷ旅 3日目

今回の旅の最終日は、富山から高山線を抜けて行こうというルート。朝9時出発で検索した結果が右の通り。その頭にトラップが仕掛けられていることにも気づかず言われた通りに乗車してしまう。

西富山駅でキハ120に乗車

お分かりになっただろうか。富山駅から一駅の西富山駅で下車し、そこから…待つこと1時間、同じ方面の車両に再び乗り込むという指示。なんの疑いもなく西富山で降りたはいいが、すぐに乗り換えだと早合点していたため「何もない」ことに戸惑いを隠せず、下車後慌てて行程を確認するも後の祭り。結局10時10分富山発の列車に乗車するのと変わらないのだとようやく気づく。かと言って折り返しの列車を待っても間に合わず、徒歩で戻るにもちょうど間に合うかどうか(疲労を考えると間に合わない公算大)の距離、タクシーを使うのもアホらしく、暑い中車窓でちらりと見えた呉羽丘陵多目的広場まで向かい何をするでもなく30分前に再び駅に戻りあとはひたすら待つ徒労。炎天下に無駄に歩いたためしこたま体力を消耗した。

猪谷駅でJR東海キハ25に乗り換え。
3日目行程
343km、停車64駅、11時間

高山駅で散策

高山駅では2時間の間があるのでここでも観光することに。ブラブラと歩いていたら五平餅を食べたくなる。

高山市内を流れる宮川にはユニークな橋が掛かっている。木造の不動橋は興奮しながら渡ることに。

再びキハ25で美濃太田まで。

美濃太田からはキハ75に。写真は岐阜駅で。ホームが濡れているが、美濃太田を出てから雨雲に突っ込んでいく形となり、窓からは常に稲光や落雷が見えていた。さらに大垣あたりからはこの世の終わりかと思うような猛烈な風雨と雷に見舞われる。よくぞ遅れることなく走ってくれたもの。
その時京都でも大変強い雨にさらされていたそうで、あとでニュースにて知ることとなる。

最後は少し波乱含みの帰還となったが、程よい疲労感(翌日足が筋肉痛に)と空腹で今回の旅を終えることができた。結果、青春18きっぷ5日分のうち2日を消化したことになり、残りは3日分。さて今度はどこに行こうか。

余談

富山駅のセブンイレブンで買ってきたカップヌードル。てっきり富山限定商品かと思ったら、全国でも販売しているらしくちょっと肩透かし。普通のカレーより少し薄いかな、と思う程度。

202107 18きっぷ旅※ 2日目

注:タイトルにもタグにも「青春18きっぷ」を匂わすような印象を与えるが、この日は実は青春18きっぷを使ってはいない。

松本から

朝は早いが松本からいざ黒部ダムへ。

再び211系のお世話に。途中高校生の集団などが乗下車するが座れなくなるほどではなかった。
信濃大町駅前のロータリーにある乗車口からバスに。1390円かかるが、券売所もすぐ傍にあるため小銭を用意しておく必要はない。
2日目行程

扇沢からは「電車」を離れ複数の交通手段で立山まで向かうことになる。これらをまとめて一枚のチケットとして購入することができるが、事前に公式サイトで予約しておくとQRコードをかざすだけの簡単発券で済む。

昔はトロリーバスだったが、今はバッテリー駆動の電気バスに置き換わっている。発車までの約10分で充電できるそうだ。

黒部ダム

当日は天気も良く、観光放水による虹もくっきり見えていた。
手持ちのためブレてます
上とほぼ同じ動画。

「どうでしょう 」では黒部ダムをあっさり通過していたが、素通りもできず2時間ほどじっくり堪能。
そのあとはダムの上を歩いて湖の対岸に渡り、「黒部湖」からケーブルカーで「黒部平」に向かい、さらにロープウェーで「大観峰」まで。

軽く予習のために試聴した「どうでしょう 」当時と比べると、ロープウェー等の乗り物や施設なども随分と変わっていることに気づく。

大観峰まで登ったあとは、トロリーバスやケーブルカーなどを乗り継いで立山に向かうことになる。

美女平に向かう高原バスは写真に収められず

立山からは富山地方鉄道で2日目の最終目的地である電鉄富山駅を目指す。

富山地方鉄道では様々な「旧車」を運行させている。写真は西武鉄道のかつての花形特急「レッドアロー」号車両。
「地鉄」はどこを見ても“味がある”のがステキ。寺田駅で分岐する本線側ホームに到着した元・東急8590系(たぶん)を入れ違い待機中の車中から撮影。
で、電鉄富山まで運んでくれたのは元・京阪3000系。

富山市内

ホテルチェックインまでしばらく時間があったので、市内散策。前回富山に来たのは確か2年前の夏、みうらじゅんフェスを観に来たときだった。あのときも暑かった…。
まずは富山県美術館。

常設展では藤田嗣治やピカソ、ロートレックなどの作品も鑑賞できます。

続いて駅を挟んで反対側の「富山市ガラス美術館」に。展示内容は写真撮影不可だったりSNS公開不可だったりのためここでは紹介できないが、建物自体も素晴らしい(隈研吾による設計)ものだった。

市電に乗って西町へ。Suicaなどが使えない(独自ICカードのみ可)ことに乗車後に気付き、慌てて両替。
展示も興味深かったが、建物だけでも一見の価値あり。
歩いてホテルまで戻る途中、夕陽とお城が重なっていた。

202107 18きっぷ 初日

枕:ルート決めまで

先に旅行した記録としては、神鍋高原でひっそり羽休めをした昨年末まで遡る。コロナ禍といえこの半年ほどは倹約に努めており、府外にも仕事で大阪に行くのみであったため、旅に飢えていたのだろう。仕事のついでに立ち寄った大学生協の掲示板で目にした「青春18きっぷ」の案内を目にした次の瞬間にはカウンターで購入していた。とはいえただの衝動買いに走ったわけではなく、分散取得を希望していた夏季休暇の前半が7月末に割り当てられたことも一つの要因。ただ無為に部屋でゴロゴロ過ごすのは勿体ないという危機感というか腹積りに至ったためともいえる。

いや、正直ほぼ衝動買いに近い状態できっぷを手にすることで重たい腰を上げるように仕向けた我が身想いの行動とはいえ、目的地はおろか方角すらなかなか決まらず、それこそ今回の目的を固めたのも2日前になってからだった。それまではなんとなく山陰か四国かはたまた九州かと想定していたが、突然「黒部」の二文字が降りてきて、そこからはその前後をどう愉しむのか(乗り倒すのか)という点に絞って旅程が完成したのだった。

昔から一度は黒部ダムを訪れてみたい、行くとすれば夏だろうとは思っていた。NHK「プロジェクトX」の影響もあるが、もっと根源的でかつくだらない興味のきっかけは「水曜どうでしょう」である。
実はかの番組(サイコロ4)で大泉洋らは富山からのルートを辿り信濃大町に抜けており、当初はそれに倣うつもりだった。ただ御宣託(職場の同僚に「攻めるなら北から?南から?」と訊いた)で示されたのは「長野から」ルートだったので、あとは行程と宿泊地を決めるだけとなる。

そもそも長野で行ってみたい(再訪したい)場所として、

  • 黒部ダム
  • 碓氷峠
  • 菅平高原

のほかに「飯田線」を制覇してみたかった。せっかくの機会なので、初日行程の目的は「飯田線を通り黒部攻めの拠点まで移動する」こととなった。

本題:道中 ①飯田線前半

幸い、どの電車でも座って移動することができた。
豊橋駅での乗り換えに40分程度しかなかったので、お昼ご飯は駅前のマクドで済ませる。セブンイレブンでもおやつを買い込んだのに、駅に戻ってさらに構内で大あんまき(あずき)を購入。
道中で食らう。

乗ってきていたのは213系。

途中、中部天竜駅で10分ほど停車の合間にトイレ休憩がてらいったん列車を降りる。同じように長時間停車するのは平岡駅。
あの橋を渡ってみたい…
天竜峡駅で乗り換え。ちょっとこわい。

本題:道中 ②飯田市

さて、「下山ダッシュ」なる単語をご存知だろうか。詳細はリンク先ページに譲るとしてここでは大雑把な説明に留める。
飯田線は飯田市に入ると大きく外縁をなぞるように「逆つ」字型にカーブしながら走る。その両端にある「下山村駅」と「伊那上郷駅」間をダッシュし元乗車していた車両に再び乗り込むことができるかを試すものである。ゆうきまさみ「究極超人あ〜る」OVA版というかなりマニアックなネタになるが、「探偵ナイトスクープ」でも検証されたこともある。
もう少し若ければ勇んで挑戦もしようが、流石に足も縺れるようになれば無難に「聖地」を崇めるに留めるのが無難。感慨に浸りながら車窓から見届けることができた(なお同列車の乗客には挑戦者はいなかった模様)。

伊那上郷駅を過ぎたあたりから、東の山脈の上空に陽に照らされた一際そびえ立つ雲が見えた。まるで「天空の城ラピュタ」の“竜の巣”の如し。

本題:道中 ③松本へ

天竜峡駅からは313系のお世話になる。

岡谷から目的地である松本までは211系に運んでもらいました。

初日行程
450km、途中129駅に停車。所要10時間半。