PENで動画、の功罪

OLYMPUS PEN E-P1のウリの一つでもある「HD動画」を試してみました。
発売後一週間、いろいろな写真を撮って楽しんでましたが動画機能を使おうとはあまり思いませんでした。我が家にはXacti DMX-HD1000もありますし、なによりiPhone 3GSですぐ動画撮影ができるようになりました。あえてPENで動画を撮影しなくてもいいんじゃない?と思っていました。
昨日あずきくんがいないいないばぁを始めたので、たまたま近くにあったPENを持ち出して動画撮影。こんな画が撮れました。

けっこういい感じです。PEN + M.ZUIKO DIGITAL 17mmです。
最近はやりの「一眼動画」に比する画質ですね。また電子補正ですが手ぶれ補正も働きます。

一方で欠点も。
まず、動画でもAFが効きますが撮影前まで。撮影中は働きません。AELボタンを押せば再度AFを作動させますが、レンズ動作音が上の動画でもジャリッジャリッと入ってしまいます。なにより手動。いっそ割り切ってMFでの撮影がいいでしょう。
記録方式はMotionJPEG方式。MPEGに較べてファイルサイズがデカくなります。HD方式では1280*720で30fps、ステレオでの撮影が可能も、17秒で撮影すると67MBにもなります。昨日の最長で1分17秒の動画は315MBでした。さらには1ファイルあたり2GBまでという制限もあります。10分も撮れない計算ですね。
もっともMotionJPEGはH.264などのMPEG方式に比べ、PC上での処理にあまり負担や手間がかからず編集がしやすいです。撮影後はトリミングを施してH.264に変換をしたら(もちろんちょっと映像の時間は違いますが)67MBが2.4MBにまで圧縮でしました。

OLYMPUS PEN + Carl Zeiss Planar 1,4/50で撮影。PENでは100mm相当になります。室内ということもあり絞り開放(f1.4)にしています。もちろん否応なくMF、ピントがシビアなので細かに調節してやります。きれいですね。ところがあずきくんが近づいてくると途端にピント合わせに難儀してしまうのが残念。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です