また峠(くせになりました)

持越峠〜京見峠20090805 at EveryTrail

Map created by EveryTrail: Travel Community
今日も午前中を使って持越峠・京見峠に出かけてきました。回数を重ねるごとに身体も軽くなり、楽しみはどんどん増してきます。やばい。

上賀茂のMKボウル前からちょうど30分ほどで雲ヶ畑の出会い橋に到着。
IMG_1995.JPG
持越峠への入り口の橋から。道は先で右に折れてその全容を見せてはいません。
IMG_1996.JPGIMG_1997.JPG
左から)傾斜13%の標識、持越峠の登坂途中
今回は写真を撮るために何度か途中足を止めましたが、そのまま登り続けたとしても前ほど苦しくない気もします。気のせいかも。
IMG_1998.JPG
持越峠の最高度地。ここからどんどん下ります。
qn20090805102525
熊出没注意!残念ながら主役の熊さんには会えず。
qn20090805102623
この辺りは真弓地区というそうです。持越峠から下っている途中。
IMG_2002.JPG
裏京見峠のはじめ。
qn20090805104226
京見峠の途中
qn20090805104611
前回と同じポイントで、またカワセミを見かけました。青い背中はきっとそうですね。また残念ながら撮り損ねました。で、同じような写真を再び。
このポイントがどうも気に入ったみたいです。
qn20090805104658
そのポイントで先行したロードレーサー乗りさんを後ろから撮影
qn20090805105217
持越峠途中の湧水ポイント。石碑とお地蔵さんがあります。
どうもここは知る人ぞ知る所のようで、前回も、今回も、わざわざ自動車にポリタンクを積んで水を汲みに来ている人とお会いしました。
今回はお二人いらっしゃいましたが、そのうち一人は普通の自転車の荷台にポリタンクを載せてわざわざ東山五条から来られたのだとか。すごいですね。
水は冷たくておいしかったですよ。
IMG_2003.JPG
山の上のハンバーグ屋さん。いずれ食べてみたいですね。
IMG_2004.JPG
京都一周トレイルではおもしろいルートを指していますね。
qn20090805110449qn20090805110500
京見峠茶屋。ここはいつやっているのでしょうか?
京見峠のピークはどうやら氷室分れのあたりでしょうが、下界を見通せるポイントは見あたりませんでした。
IMG_2005.JPG
やっぱり降りてきたらお腹がすきましたので、03 slow cafeでごはん。
テンチョにねだったらお店の冷凍庫からチューベットをくれました。

MKボウル〜持越峠〜京見峠〜03 slow cafe:1時間42分、23.4km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です