小雨の大原行き(帰りにパンク)

qn20091006121714
雨が降るものとばかり思っていたところに幸い何とか保ちそうだったので、一路大原に向かいました。
こぎ出してから暫くするとおそれていた雨が降り出しましたが、大降りにはならなかったため途中引き返さず決行。結局道中は同じような天候が続き、幸い濡れそぼつことはありませんでした。

久しぶりにチャリで通る江文峠は、いつの間にか頭中で「楽勝」との勝手なすり替えを否定してくれ、それなりに苦しめてくれましたが「未来くん」の後押しもあって無事クリアー、出発から40分ほどで大原入りしました。
qn20091006121812
qn20091006122024
で、そばをいただいたり、よもぎ餅やパンを買って帰ったり。
qn20091006123840

行程が順調だと、気が緩むんでしょうか。
帰りの静原で「ちょっと寄り道」と未舗装の道を走って、Brunoで初めてのパンクに遭遇しました。なんとまぁ情けない。
幸い替えチューブや工具はあるぞ、と勇んで作業にかかったものの、慣れてないだけに遅々としてはかどりません。最初のタイヤをホイールから外す作業で悪戦苦闘し時間がかかってしまいました。
なんとか穴の空いたチューブを取り出し替えのものと交換していざ空気を入れてみると、ものの数秒で抜けてしまいます。1年前に購入してからほぼ使わずしまっていたため劣化してしまったのか、それともアホな作業で交換中に傷めてしまったのか、これでは何の意味もありません!
実にチューブ交換に1時間弱を費やした顛末は、「パンクしたまま帰る」でした。
そんな状態でも20km/h弱は出せるもので、延々押して帰るという悪夢は避けられましたが、尻に伝わる振動はすさまじく、かつ白線など踏もうものなら天然ドリフト状態です。

途中市原のあたりで、大きなサルを目撃しましたが、停めて撮影などという気力も湧かず、これ以上のトラブルを招くことを避け脇目もふらず帰路につきました。
自宅に着くまでの間、とんでもなく長く感じました。実際、峠攻めよりも疲れました。
そのままお世話になっている「Whoo bicycles」に持ち込んで、タイヤとチューブの総取っ替えに。えらく高くついてしまいました。
みなさんも、無茶をして細くて高圧のタイヤを履いて砂利道や未舗装の道に突っ込んだらいけませんよ!

よもぎもち
身体の疲労は甘みでとろう、というわけではありませんが、よもぎ餅持参で03 slow cafeにお邪魔しました。今日はマヤ嬢がバイトの日、いつもの「カフェー」な雰囲気は微塵もなく、どちらかといえば居酒屋の呈でした。
で、ベイクドチーズケーキを頼んだら、なぜかスペシャルバージョン。勝手にアイスやら栗のタルトやらがついてきました。テンチョ、ごちそうさまでした!
qn20091006152902

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です